MPower MPower

MPower Partnersは日本初のESG重視型
グローバル・ベンチャー・キャピタル・ファンドです

ABOUT US

  • Mission

    私たちは、テクノロジーを使って社会的課題への解決策を提供する、大胆でグローバルな起業家を支援します。

    そのような起業家や革新的なスタートアップが、ESGの視点を戦略に取り入れることによって、持続的な成長と社会・環境へのポジティブな影響がもたらされると信じます。

    日本のベンチャー生態系が、よりグローバルに、またより多様になり、多くのイノベーションを生み出せるように、支援してまいります。

  • Strategy

    人口動態が変化し、AI・デジタル化といった技術革新が進む中で、著しい成長が見込まれる領域を、私たちは「テクノロジーが牽引する持続的生活領域」と位置付けました。そうした分野で規模拡大が望める企業に、MPower Partnersは投資します。

    成長段階にありさらなる国際的な拡大を目指す日本のスタートアップや、日本やアジア市場への参入を目指す質の高いグローバルなスタートアップを支援します。

    ESGの視点を投資プロセス全体に組み入れながら、リーダーシップチームの構築、Go-to-Market戦略の策定、トップ営業、製品・サービス価値の向上、資金調達など、事業拡大に欠かせない分野で適切な支援をきめ細かく行い、企業価値を高めていきます。

  • Thought Leading Founders

    MPower Partnersは、グローバル金融、特にマクロ経済分析、ミクロ企業分析、資産運用、投資調査、資本政策の立案と実行において合計70年を超える経験を持つ3人のゼネラル・パートナーによって設立されました。

    加えて、各創業者は、コーポレート・ガバナンス、ダイバーシティ、サステナビリティを含むESG関連分野で数十年にわたる専門知識を有しています。この創業者の知見を通して、MPower Partnersは日本のベンチャー生態系にESGを組み入れることのできるユニークなVCです。

  • MPower Story

    MPower Partnersの社名は、3人の創業者の旧姓が「M」で始まることに由来しています。
    またこの社名には、起業家を「エンパワーする」という意味と、「縁」や「輪」の力を信じるという意味も込められています。

TEAM

External Advisors

各領域・産業界のグローバルなリーダーが投資先にネットワークを提供

柳井正

Japan

株式会社ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長

Mark Schwartz

USA

Goldman Sachs Group元副会長ソフトバンク元社外取締役
Paytm 社外取締役

津坂美樹

Japan

BCG東京オフィス
Managing Director & Senior Partner

松岡陽子

USA/Japan

パナソニック株式会社執行役員、
元Nest社CTO、
元Google X共同創業者

久能祐子(工博)

USA

S&R財団理事長兼CEO
HALCYON創設者兼議長

Dr. Peter Gruss

Germany/Japan

沖縄科学技術大学院大学学長

Industry Experts

厳選されたベンチャー投資インサイダーや専門家が、ディールフローや投資後支援を提供

Simeon Bochev picture

Simeon Bochev

人工知能分野のエンジニア。共同創業者として関わった日本のAIベンチャーを現在はアドバイザーとして支援。テキサス大学、ハーバード大学院卒。

Trista Bridges picture

Trista Bridges

ESG専門家。米国、欧州、アジア地域にて、多くのスタートアップにコンサルタントとして関わる。2020年にはESG投資に関するビジネス本を上梓。ペンシルベニア大学、ノースウエスタン大学院卒。

Paul N. Matsui picture

Paul N. Matsui

医療テクノロジー専門家。アメリカにおいて20年以上の医療ビジネス経験を持つ。医療コンサルティング会社創業者。ハーバード大学卒。

Kanoko Oishi picture

大石佳能子

メディヴァ及び医療法人社団プラタナス創立者。日本生命、マッキンゼーを経て、参天製薬(株)、(株)資生堂等の社外取締役。規制改革推進会議委員。大阪大学法学部、ハーバード大学院卒。

PORTFOLIO

  • UniFa

    保育士のIoTとワークフローDXで、より良い保育を可能に

  • WOVN Technologies

    ウェブサイトやアプリケーションの多言語翻訳SaaSを開発。インクルージョンを可能に

  • Jupiter Intelligence

    気候リスク及びレジリエンス分野の予測データ・アナリティクスにおけるリーダー企業

WHY ESG

  • ESG funds outperform

    2016年から2020年にかけて、アメリカのサステナブル株式投資信託の77パーセントが、全株式ファンドのパフォーマンス上位半分に位置し、40パーセントは上位4分の1にランクインしています。

    ESG性向が高い企業ほど、資本コストは低減し、収益性が向上することが明らかになっています。スタートアップ投資にもESGを取り入れることでリターンが高まると考えられます。

  • ESG becoming mainstream

    今後20年間でESGファンドへの投資総額は15~20兆ドル増加し、現在のS&P500の規模に匹敵すると予想されています(2021年時点)。

    2020年のコロナウィルスの世界的流行を転機として、世界は株主資本主義からステークホルダー資本主義へと急速に移行しつつあります。ベンチャー投資においても、この流れは例外ではありません。

  • ESG captures material, non-financial risks

    ESGの考え方を取り入れることで、従来の財務指標では捉えられないリスクを特定することができます。

    そのため、投資先の真のリスク調整後リターンを判断するには、重大なESGリスクの評価が欠かせません。とりわけ、スタートアップ企業ではESG視点の欠如が致命的なリスク要因になり得ます。

  • ESG definitions evolving

    ESGはもはや、リスクの排除のみを目的とするものではなくなっています。たとえば製品の安全性、地域社会へのインパクト、労働政策、データのセキュリティ/個人情報保護といった積極的な行動を促すものとされています。

    急速に変化し続ける重要課題(マテリアリティ)に対応するためには、ESGを注視し深くコミットすることが必要です。

APPROACH

ESGは当社の投資テーマの中核であり、投資プロセスのすべての段階においてESG観点を組み込んでいます。

ディールソーシングにおいて、まずタバコやギャンブルや化石燃料といったESGに反するセクターを除外しつつ、テクノロジーを活用した持続可能な生活を実現する投資機会を特定しています。
また、投資先の経営陣のESGマインドを確かめた上で、多様な創業チーム・経営陣への出資機会を確保することに努めます。

デューデリジェンスにおいては、投資候補先に対する俯瞰的なESG分析を実施し、深刻なESGリスクが無いと見られる企業の投資検討を進めます。投資実行を決定する際には、投資先とESG目標を共に推進するための覚書に署名頂きます。

投資後は、投資先企業が独自で設定するESG目標が達成できるよう、各種ハンズオンのサポートを提供します。そして各企業のESGロードマップに関して継続的に対話を行います。

こうしたESG原則は投資先だけでなくMPower Partners自身の業務にも組み込まれており、2021年6月26日には国連責任投資原則(UNPRI)の正式な署名機関となりました。