OUR ESG CHARTER

MPowerの創業者たちは、ESG投資が金融市場で主流になる前から、経済分析や財務分析における多様性やガバナンスなどの非財務的要素を重視し、その重要性を提唱してきました。スタートアップを含むあらゆる企業において、ESG(Environmental, Social, and Governance)要素を熟考し組み入れることが、企業に長期的な価値をもたらすと私たちは考えます。

MPowerはテクノロジーを使って社会的課題への解決策を提供する起業家を支援します。ESGの視点を戦略に取り入れることによって、持続的な成長と社会・環境へのポジティブな影響がもたらされると信じています。私たちのミッションは、日本のベンチャー生態系が、よりグローバルに、またより多様になり、多くのイノベーションを生み出せるようにすることです。このミッションを達成するために、最高水準のESGを自らのファンド運営に組み込むよう努力することを誓います。このような活動を通じて、ベンチャーキャピタル業界におけるESG重視型の投資を推進していきたいと思っています。

Our goals

MPower Partnersのミッションを達成するためのマテリアリティと目標は以下の通りです。

Environmental

  • Resource management in our own operations – できるだけ効率的に資源を活用する
  • Greenhouse gas emissions – 二酸化炭素の排出量を測定し、削減し、オフセットする

Social

  • Diversity, equity, and inclusion – 私たちのファンドも含むスタートアップエコシステムにおいて多様性、衡平性、インクルーシブネスを促進する
  • Health, safety, and wellness – 社員の健康、安全、ウェルネスを確保する 
  • Knowledge, awareness, and development – 社員の生涯学習を可能にする。より広い範囲でESGについて啓蒙する

Governance

  • Ethical conduct – すべての活動においてどこから見ても常に倫理的に行動する
  • Accountable leadership – ファンド運営において最高水準のガバナンスを確保する 
  • Transparency and reporting – 特に社員と投資家に対して、当社のポリシーと活動の透明性を共有する 
  • Data privacy and security – データ関連の最新のベストプラクティスと規制を遵守し続ける

私たちはみずからの行動と努力を通して、ESGのそれぞれのカテゴリーにおけるこれらの目標を達成することに努め、決められた指標に基づいて進捗を確認していきます。進捗状況は適宜公開し、定期的に見直すことにしています。

Our investment approach

ESGは当社の投資テーマの核となるもので、投資プロセスのすべての段階においてESG観点が組み込まれています。

案件のソーシング段階で、まずタバコやギャンブルや化石燃料といったESGに反するセクターを除外しつつ、テクノロジーを活用した持続可能な生活を実現する投資機会を特定しています。

また、投資先の経営陣のESGマインドを確かめた上で、多様な創業チーム・経営陣への出資機会を確保することに努めます。

デューデリジェンスにおいては、投資候補先に対する俯瞰的なESG分析を実施し、深刻なESGリスクが無いと見られる企業の投資検討を進めます。投資実行を決定する際には、投資先とESG目標を共に推進するための覚書を交わします。

投資後は、投資先企業が独自で設定するESG目標が達成できるよう、各種ハンズオンのサポートを提供します。そして各企業のESGロードマップに関して継続的に対話を行います。

こうしたESG原則は投資先だけでなくMPower Partners自身の業務にも組み込まれており、2021年6月26日には国連責任投資原則(UNPRI)の正式な署名機関となりました。